2010年01月29日

結局は気合と根性

おっしゃー!どーも山主です。

今日なんだか自分的にすごい盛り上がってしまって。
ついに、走りました。そうです。ランニングですね。
立ち仕事の後に走るのは地獄かなー、とか考えているうちに走っていたらそうでもなくなっていた。
やっぱり、やってみると最初の不安なんてものはどこかに消えてなくなるもんだなぁ。と改めて実感した。
ずっと前から考えていたことがあって、「役者のやるべきこと」って何かなーなんて思ってたんす。
いい映画みたり、漫画みたり、美術品に触れたりもすごく大事なことなんだけど、それってなんかすごい楽してるんじゃねぇかな、とか。
それだけでいいんだったら、役者ってすげー楽だなーなんて考えていました。
まあ、十年近くそうしていたんだけど。

それぞれみんなスタイルがあるから批判するつもりはないです。
ただ、俺が考える役者ってのはやっぱり最低限動けるってことなんだな、と。
チビがちょこちょこ動くって期待されるじゃない。
だからその期待に答えようと。
そんなことも思ったり。
六月後半の舞台も本番5回やるし。うちの芝居は大声だして、汗かくのが基本だから、毎回死ぬ思いしてたんです。
あと単純に、30歳になってやっぱり体力が落ちてきたんす。
体力の低下とともに、気力も落ちてきたような気もするんす。
だから今年は走ります。
グットシェイプしますよ。
お腹完全にメタボですから。
で、やせて格好よくなって、女の子にもてたら最高です。
動機は不純であればあるほどよい、がモットーですから、俺は。

寺門ジモンも走るとすごい飛ぶようになる、って言ってました。
飛ばしてーもん、あれ。

なんで毎日少しずつ頑張りますよ。

走る.jpg



posted by 劇団S.A.R at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。